越谷市 交通事故治療・むちうち治療専門 みんなの鍼灸整骨院グループ

越谷地区の交通事故治療のご案内
  • HOME
  • 当院が選ばれる理由
  • 患者様の声
  • 店舗案内一覧
  • お問い合わせ

バイクでの交通事故

2016年11月24日

どうもこんにちは。

越谷みんなの鍼灸整骨院の福島です。

本日は交通事故でもバイクでの事故ケースのお話を致します。

僕自身も通勤にバイクを使うことがあります。(今は寒いので電車に乗って出勤してます。)

交通事故での死亡率は第一位の歩行者に続いて第二位です。

平成26年度の統計では歩行者は全体の4割、バイクは2割強を占めています。

事故が起きやすい時間帯は午前6-9時までと出勤時間に多く発生しております。

事故を起こしやすい年齢層は30代-40代が多いです。

車とバイクでの接触事故被害がどちらの方が大きいかは皆さん分かると思います。

そして間違って認識をされてる方が多いので、今回お話させていただきますが、

車と同じ感覚でバイクを運転してはいけない、または走行中に他者が運転するバイクを車と同じように認識しては危険だということです。

まず、バイク(二輪車)の特性について把握しておくことが大切になります。

1、車と比べて安定性に難があり転倒しやすい。
2、交通事故の被害影響が車よりも大きい
3、車の死角に入りやすい
4、ブレーキが前輪と後輪が独立している。
この他にもバイクは前かがみで乗ることが多いので車よりも視野が狭くなり路面を中心とした視覚になりがちです。
車から見えるバイクは実際の大きさよりも小さく見え、距離感を測れずに接触事故を引き起こしやすくなります。
車を運転する方はバイクにはより一層の注意力が求められます。
バイクの色によっては夜間に車から認識から外されたりしやすいこともあります。

実際の大きさよりも小さく捉えてしまう特性が災いし、引き起こしやすいのが交差点での右折時、出会いがしら、追突事故などの接触事故です。

-少しでも事故の被害を抑える方法-

事故が起こらないように気をつけることはできますが、上記のようにバイク(二輪)の特性により事故を引き起こしやすいデメリットが多いです。
事故は本人が気をつけていても相手の不注意でも起きてしまいます。

バイクに乗られる方は必ずプロテクターなどを装備し走行してもらうことが一番です。
プロテクターは交通事故の際に事故の衝撃から身を保護してくれます。

時速40キロの走行でも壁にぶつかった時の衝撃はビルの5階から生身で転落した時と同じ衝撃になります。

これだけでもバイクの身の安全性の低さが見て取れます。くれぐれもバイクでの走行中、周囲にバイクが走行してた場合はお気をつけください。

以上、福島でした。

交通事故治療 無料相談窓口はこちら

みんなの整骨院北越谷院

埼玉県越谷市北越谷2-38-9

048-978-9781 048-978-9781
WEB予約はこちら

越谷みんなの整骨院

埼玉県越谷市宮本町1-170-1

048-964-9644 048-964-9644
WEB予約はこちら

越谷マックス鍼灸整骨院

埼玉県越谷市越ヶ谷1-10-27 島村ビル1F

048-999-6033 048-999-6033
WEB予約はこちら

大袋駅前整骨院

埼玉県越谷市袋山1199-1 山崎店舗1F

048-971-5179 048-971-5179
WEB予約はこちら